『八ヶ岳南麓から』(上野千鶴子、山と渓谷社)を読む

1.茅野から、8日(水)に帰京しました。

滞在中、新緑が日ごとに濃くなり、店先には草花の鉢が並び、田植えも始まりました。農家が働く姿を眺めるのが好きです。

良く晴れた暑い日が多く、本を読んだり、軽食をとったり、庭で長く過ごしました。

2.畑を一緒にする年下の友人が、上野千鶴子さんの新著『八ヶ岳南麓から』

山と渓谷社)を貸してくれました。

(1) 上野さんは、1948年生れ、東大名誉教授。社会学が専門で、フェミニ

ズム研究の泰斗です。今年4月、米タイム誌が毎年選ぶ「世界で最も影響力がある100人」の一人に選ばれました。

(2) 約20年前に、八ヶ岳南麓山梨県北杜市の標高1000メートルの高原に家を建て、以来、東京との「二拠点生活」を続けています。

 

3.本書はその山暮らしを紹介したエッセイ集です。

(1)取り上げる内容はまず、四季の景色や草花を愛で、地産の食べ物を味わい、本と音楽に囲まれる静かな日々です。

(2) 例えば、「夏は食材が宝庫だ」として、野菜をメインにした「超簡単ク

ッキング」」を紹介します。

著者のレシピに沿って妻が早速作ってくれたのが、「レタスをおおぶりに割いてボウルに盛り上げる。その上に韓国海苔をもんで山のようにふりかける。それで終わり」。なかなかいけます。

(3) たしかにこの時期、当地でも地元の山菜が食べられます。畑仕事の合

い間に、同じ敷地に自生しているふきを取って、我が家の食卓を飾ります。

4.また、二拠点生活の利点として、コロナ禍を逆手にとったオンライン活用が語られます。「講演も、会議も・・・オンラインで全てOK,国際会議のお声が気軽にかかるようになった」。

移住者との付き合いを深め、相互扶助の人間関係も出来上がります。

趣味の車とスキーを存分に楽しみます。

5. しかし、自らを含めて高齢化が進み、老いを意識せざるを得ません。

相互扶助の近所づきあいも、「助けを必要とするひとたちが増えて、バランスが崩れた」。先に逝く人もあり、東京に引っ込んだ人もいます。

著者は、いまは当地を「終の住処」と考える気持が強いが、車をいつまで運転できるか、医療や介護をどうするかについても率直に語ります。

9歳年上の私の方は、著者に先だって、何れは二拠点生活を続けられなくなることを覚悟せざるを得ません。著者の問題意識や知見は考えさせられます。

6.最後に本書は、高原暮らしは「快適ばかりではない」と注意を促してくれます。

(1)例えば、冬の寒さは厳しく、暖房は必須で、薪ストーブが「いちばん」と勧められた。しかし「これだけに頼るわけにはいかない。なにしろおそろしく手間のかかるめんどうな子なのだ」。

全くその通りと頷きつつ読みます。

(2) その他、上水と下水、ごみの問題、アリや虫との闘い、鹿対策などなど。

(3) 前回触れたように、我が家は目下、ネズミ侵入にどう対処するかに悩まされています。本書を読むと、困っているのは私だけではないのだと、少し気楽な気持になります。