消える本屋、残る「干し柿」「飯鮨」

  1. 1月31日(火)、渋谷東急本店が営業を終え、7階の全フロアを占めていた丸善ジュンク堂(MJ渋谷店)も閉店になりました。

  最終日の開店早々に顔を出しました。最後の買い物は、「先の戦争」がらみの

  3冊です。

 ウクライナへの侵攻が気になることもあって、過去の日本の戦争をふり返りたいと、関連の書籍を読む機会が増えました。 

 数日前に届いた友人からのメールには最後に、「なんとかプーチン政権に引導を渡す方法はないものでしょうか?」とありました。彼も幼児期に東京大空襲に遭って家は焼かれ、親とはぐれて必死に逃げまわった体験の持ち主です。どんな戦争であれ、嫌悪しているでしょう。

 

  1. 最終日のMJ渋谷店には、長年通った顧客がメッセージを寄せているので、暫く眺めました。

「毎日来ているので、~人生の一部でした」

「この場所で気象予報士になることを決め、いまその夢を実現することが出来ました~」

など、たくさんの感謝の言葉が並んでいます。書店という存在は本好きな少数の人にとっては、確かに「人生の一部」かもしれないな、と思いました。「いろいろある、一人で過ごす時間」の最良の1つでしょう。

  1. 私も、散歩コースが1つ減りました。

その分、家に居て、運動不足にもなり、間食の機会も増えました。

もう5年以上我が家は一日二食なので、その分間食が増えてしまいます。

たまに有難い頂き物もあります。

(1) 誕生日には、昔の職場のOB会から高齢者に福砂屋のカステラが届きます。

妻の大好物で、彼女は受け取るたびに「いい職場だったわね」と述懐しています。

(2) 昨年末にはその職場のもと同僚から、お抹茶と京都の和久傳のお菓子が届きま

した。

抹茶を飲むなど我が家ではめったにない機会で、ゆったりした気分になりました。

(3)年初には福島の農家から届いた干し柿の「おすそ分け」がありました。少量で

すが老人夫婦には十分で、とてもおいしく頂きました。

  送り主から、こんなメールも届きました。

   「母も年のせいで、最近は少ししか干し柿を作らなくなりました。

         私たちが子供の頃は、一家総出で柿をもいで干し柿を作りました。

         六畳ほどの土間が柿で埋め尽くされて、オレンジ色に輝いていたのを憶えていま             す。」

  柿の木のある農家の風景を想像しました。

  これからも残ってほしい、自宅で作れる素朴な食べ物ではないでしょうか。

  1. 最後に「飯鮨(いずし)」です。前にも一度取り上げたことがありますが、妻が冬の寒い時期に作ります。

    北国の料理で、妻は新潟出身の友人に教えてもらって、彼女の家で代々守っていたや     りかたで作っています。

     ごはんと麹に鮭や鰊などの魚、蕪などの野菜を混ぜて10日間ほど置いて発酵させる       という、昔から伝わる冬の保存食です。寒い間に少しずつ頂きます。麹の味は好き嫌     いがあるでしょうが、私は大好物で、お茶うけとしてもお酒と一緒でもおいしいで        す。  

     手がかかるので、いまは北国でも作る人は減っているとのこと。それだけに、友人      に とっても、関係もないのに秘伝を受け継いでくれる妻のような存在は嬉しいのでは    ないでしょうか。

   そして、好物だから思うのでしょうが、お茶はむろん、干し柿も飯鮨も残しておきた    い伝統(食)文化の一つだなと思います。

タイム誌2022年“今年の人(パーソン・オブ・ザ・イアー)”

  1. 先週は「10年に一度の最強寒波」、東京も寒かったです。

(1) 京都市内では雪が積もった由。

そんな中、岡村さんが、祇園の舞妓さんの写真と動画をメールで送って下さいました。「祇園町の新年会」でのご披露だそうです。

動画は、舞妓さんが二人で「祇園小唄」の曲に合わせて舞います。私には夢のよう

な別世界です。眼の保養になり、感謝しながら何度も眺めています。

(2)「祇園小唄」は、昭和5年に公開された映画の主題歌。長田幹彦の歌詞は京都の四季を歌った四番までありますが、「春」はご存知の方も多いでしょう。

「月はおぼろに東山、霞む夜ごとのかがり火に、夢もいざよう紅桜、偲ぶ思いを振袖に、祇園恋しやだらりの帯よ♪」

 

(3)岡村さんと違って、私はスマホで動画を撮ってアップするやり方を知りません。

見ることは出来たので、サイトを載せたのですが、他の方もが開けられるかどうか,無理でしょうね。

 代わりに写真を載せました。4月に3年ぶりに歌舞練場で再開される「都おどり」ポスターの写真も頂きました。

(4)ついでに、10歳の少年と80歳を越えた音楽家とがピアノの連弾を練習

する2分弱の動画をLINEで送ってくれ人がいるのでので、これも念のため写真を載せます。

 

モーツアルトピアノソナタ15番冒頭の編曲ですが、10歳は素人ですからご愛敬です。

 

(5) こんな風にIT機器を自由に駆使して情報や映像を発信する人が増えていて、何も出来ない老人は羨ましく、ただ感嘆しています。

高齢者がデジタル時代にどのように対応していくかは難しい問題です。

 年初に姉弟4人が集まりましたが、最年少の弟・三郎は世に知られた物書きですが、いまだに手書きで原稿を書いています。100冊以上の本を出していて、全て手書きで、情報収集も全てアナログでやっていると聞くと、これはこれで立派なものだと感心します。

 私はそれなりにデジタル時代を追いかけているつもりですが、三郎のように時代に流されずに頑固に自分流に生きるのも羨ましいなと感じた新年でした。

  1. 話は全く変わって、まだ昨年の話ですがタイム誌の「2022年今年の人」です。

皆さんとっくにご存知でしょうが、私自身のために簡単に記録しておきます。

昨年最終号のタイム誌は、

・ロシアの侵攻にあたってのゼレンスキーの決断と行動は、「ここ数十年見たこともないやり方で世界を奮い立たせた」。

・デジタル技術を駆使して世界に発信し、「我々がウクライナを守るのは民主主義を守るためだ」と訴えた。

・その結果、「ウクライナの精神は国内外の無数の人々によって体現された」

・もちろん大統領への批判はあり、果たして彼の努力が成功するかどうかは分からない。彼自身、「後世がどう評価するかは、まだこれからだ」と語る。

――とした上で、

”ゼレンスキー大統領とウクライナの精神“を

タイム誌恒例の「2022年今年の人(パーソン・オブ・ザ・イヤー)」に選びます。

その理由は、

(1)「勇気は、恐怖と同じく人から人へと伝染することを証明した」

(2)「自由を守るために国民と国家を団結させた」

(3) そして「民主主義と平和がいかに脆弱なものか、世界に警告を示した」

からである。

 

「京都の朝はイノダコーヒから」

1. 今回は、京都の話の続きです。

昨年12月中旬、2泊したときも2日続けて朝食は「イノダ」に行きました。

常連の飯島さん、岡村さん、下前さんに会うのが主目的です。

  1. 岡村さんはいつも颯爽とバイクに乗って登場しますが、何せ祇園町の会長さんですから忙しそうです。

――2026年春に帝国ホテルがオープンする。

改築中の祇園甲部歌舞練場が3月に完成し、3年ぶりに「都おどり」が再開する。

そういった地域の活性化計画は、お茶屋さんを初め地元の人たちも意見を出しながら進めていく――という話を聞きました。

祇園には、地域を良くするために住民が自主的に参加して物事を進めていく文化と伝統が根付いていますね。

(2) なお、帝国ホテル京都は、

 「祇園甲部歌舞練場敷地内にある「弥栄会館」の一部を保存活用する。

登録有形文化財で歴史・文化的価値のある弥栄会館をホテルとして再生するとともに、耐震改修をはじめとする敷地全体の一体的な整備も目的としている」。

――京都らしい取り組みでしょう。

 

3.下前さんも現役の理髪師ですから、毎日多忙です。

(1)その上、365日ブログを書いています。

2006年以来、毎日途切れず6千回書き続けたお祝いに40人以上が寄稿した冊子が、ちょうど12月に完成しました。

私も光栄ながら寄稿させて頂いたので、タイミング良く頂戴しました。

(2) 2016年にも10年間続いた記念に「冊子」を出されました。

「柳居子徒然を読んだ」は、2冊とも書家による表表紙の題字も裏表紙の写真もデザインが同じです。

この点がいかにも京都人らしい感覚でいいなと感じながら、手に取りました。

4.下前さんは京都の理髪師として、世界中に有名です。散髪する様子をある外国人が30分の動画に撮ってネットにアップしたところ、6百万回再生されたというから驚異です。

外国人客は、日本在住者と観光客の両方ですが、リピーターもいます。

彼らとの応対についてたびたびブログで拝見しますが、以下は直接朝のイノダで伺った話です。

(1) 最初の外国人客は6年前。英国からで、顔をきれいに剃り上げたところ、「ミラクル」と言われた。

外国人は得てして、肌が薄いのに髭は濃い。従って剃るには細心の注意力を要する。

(2) 以来、鳩居堂で求めた御朱印長に、サインと短いコメントを書いてもらうことにしている。すでに5冊目に入った。友人の書家に頼んで「遠来」と題した。

「遠来」をイノダに持参されたので、見せてもらいました。世界各国から、英語や自国語で書いています。

あるオランダ人は「何と驚くべき黄金の手の持ち主だ!」とあります。

浙江省の中国人は「3年ぶり先生と会って楽しかった。またまいります」と日本語で書いています。

水際対策が緩和されて、一時途絶えたお客さんが戻ってきていることは、最近のブログが伝えてくれます。

(3) あるフランス人との会話を紹介してくれました。

  「もう一度日本に来る。そのときは必ず戻ってくる」というので

  「何年ぐらい先か?」

  「3年、いや5年後になるかな」

  「そのときには引っ越してるかもしれない」

  「どこに?」

  そこで下前さん、おもむろに指を天井に向けたそうです。

  フランス人は“天国だよ”というジョークを理解したらしく、大爆笑になったそうで        す。こういうユーモアあふれる対話もネットで話題になっているでしょう、

(4) これだけ外国人が訪れる理髪店は京都ではここだけだそうです。 

そのうち京都親善大使に任命されるのではないでしょうか。

 

植木力さんの新著『奇跡を呼び込む力』(PHP研究所)

  1. 京都で株式会社カスタネットを20年以上経営する植木力さんが、本年早々、新著

『奇跡を呼び込む力』を世に出しました。

   送って頂き、面白くかつ懐かしく読みました。

   彼の人柄と思いが伝わる良い本です。

  1. 念願だったPHP研究所からの刊行です。

(1) 94頁と短く、活字も大きいのですぐに読めます。自らの「半生」を語り、企業活動の「信念」を述べ、二つがあいまって「奇跡」が生まれたと振り返ります。

(2)「半生」とは、生まれ育った海辺の美しい京都丹後「由良」、人助けに熱心で起業家精神を備えた祖父母や両親、生徒会会長を務めた高校時代、自衛官を経て京都の大企業に就職、脱サラして会社を立ち上げた経緯とその後の活動です。

(3)そして、企業は営利活動と社会貢献とを両立させることに存在価値があるという「信念」です。

設立直後にはカンボジアに小学校を立ち上げる活動の支援や障害者支援に参加した。

その後は、被災地支援を続け、独自の防災グッズを開発し、コロナ禍の中ではいち

早く医療用ガウンを生産し、マスコミも取り上げて大きな話題になった。

最近は、医療用ガウン販売で得た収益をつぎ込み、実家と隣家を合わせた300坪の土地にリゾートオフィスをオープンし、由良をソーシャルベンチャーの拠点にしたいと精力的に活動しています。

  1. 面白いと同時に「懐かしく」読んだのは、昔をいろいろ思い出したからです。

植木さんとは京都で長く付き合いました。ブログでも度々取り上げました。

 

(1) 知り合ったのは、彼は会社を立ち上げたばかり、私は大学で新しい学科の準備をし

ている最中。彼は当初からビジネスと社会貢献との両立を考えているユニークな起業家。私はそういう若者を大学で育てたいと考えていて、たまたま意気投合しました。

(2) 藤野さん、浅野さん、加川さん、中尾さん等々、仲間が集まり、「京都から社会起

業家の波を!」をうたい文句にKSEN(ケーセン)という集まりを作りました。

(3)植木さんは、町家を借りてくれて「カスタ君の町家」と名付け、そこでも活動を続

けました。

一緒にカンボジアにも行きました。

『小さな企業のソーシャルビジネス』(文理閣)という本も出しました。

KSENの仲間は気持ちの良い人達が多く、私が夏を過ごす信州蓼科まで「研修」と称して来てくれました。

  1. 植木さんの魅力は、

(1) 名前の通り、行動「力」、アイディア「力」、実行「力」、そしてメディアやITを巧みに使って人を引き付けていく人間「力」です。

(2)とくに感心するのは、幅広く、何事も厭わず動く、フットワークの軽さです。

カンボジアに出掛けるのもKSENの活動に参加するのも、町家を借りて「起業塾」を開くのも、蓼科まで来てくれるのも、忙しい会社経営とは直接関係ありません。

しかし彼は、どこからそんな余裕が出てくるのかと思うほど、労苦を厭いません。「忙しい」という雰囲気を見せず、明るく、気持ちよく付き合ってくれます。

(3)例えばKSENは5年の活動を終えて、「5年間の歩み」を活動報告書として残すことを決めました。

編集作業を始めるにあたり、植木さんの会社の一室を借り、彼ももちろん編集に参加してくれました。いまでも感謝しています。

(4)「懐かしく読んだ」というのはそういう多様で豊かな彼の生き様を思い出したからです。

もちろんそういった活動は本業ではないので、本書には出てきません。

しかし私にとっては、12年前に作ったKSEN「活動報告書」をもう一度読み返す良い機会になりました。

植木さんに「おめでとう、そして有難う」と言わせて頂きます。 

エコノミスト誌「2022年カントリー・オブ・ザ・イヤー」は?

  1. 今年のお正月には、米タイム誌と英エコノミスト誌を読みました。

毎年の恒例ですが、その年の最終号のタイム誌は「今年の人(パーソン・オブ・ザー・イヤー)を、同じくエコノミスト誌は「今年の国(カントリー・オブ・ザ・イヤー)」を載せます。

 

  1. エコノミスト誌の「2022年の国」は「むろんウクライナIt has to be Ukraine)」。

――(1)例年なら6カ国ほど候補になり、最終的にどこを選ぶか、激しい議論になる。

しかし今年は、2013年にこの企画を始めて以来初めて全員一致の結果になった。

 

(2)選考基準は通常なら、「この1年間で、目立って良くなった国、世界を明るくさせた国」である。

その点で、ウクライナが選ばれたのは例外といえる。この国ほど「悪くなった」国はないからである。殺害され、都市は破壊され、何百万人が家を失い、経済は3分の1まで縮小した。いまも「プーチンの戦争」は続き、多くの国民が、恐怖と暗闇や寒さに耐えている。

 

  1. それなら、なぜ「むろんウクライナ」なのか?

(1)英雄的行為(ヒロイズム)

(2)創意工夫(ingenuity)

(3) 回復力(resilience)

そして(4)ひらめき・鼓舞(inspiration)

  1. 具体的に補足すると、

(1)「ヒロイズム」――

侵攻が始まったとき、世界の多くが、ウクライナは強国ロシアにすぐに屈服するだろうと考えた。

しかしウクライナ人は戦った。大統領と政府は西欧からの亡命の提案を拒絶し、自国に踏みとどまった。市民も同様に勇気を示し、立ちあがった。

彼らは、新たな「国民意識(nationhood)」に目覚めたのだ。

(2)「創意工夫」―――

 ウクライナは、敵の弱点を見つけ出し、供給路を破壊し、支援された武器の扱いを素早く学んだ。判断を現場に委ね、状況に弾力的に対応し、動きの鈍い・官僚的なロシア軍に対抗した・・・。

(3)「回復力」――

 国民は生き残るためのあらゆる努力をした。プーチンがもたらした恐怖は、彼らの士気をくじくどころか、むしろ高めた。

 

(4)「インスピレーション」――

 独裁者に果敢に抵抗することで、ウクライナの国民は、ロシアの更なる侵略を防ぎ、結果として隣国モルドバジョージアやバルト諸国を守った。

 ウクライナは、「負け犬だって抵抗する」ことを示し、台湾を初め世界中の抑圧された人びとにインスピレーションを与えた。

  1. 最後に同誌は以下のように結びます。

「圧制者の多くは、自らの悪行を正当化するために大嘘をつき、恐怖によって自分たちの意思を押し付ける。

しかしウクライナは、彼らの嘘を明らかにし、恐怖に立ち向かうことが可能だと世界に示した。

まだ先行きは遠い。しかし2022年、彼らが模範を示したことは誰もが否定できない。ウクライナに栄光あれ!(Slava Ukraini!)」

  1. 1843年創刊の歴史と古典的リベラリズムの基本理念を誇りとするエコノミスト誌は、「プーチンの戦争」が始まって以来、一貫してウクライナを支持し、西欧諸国の支援を訴え続けています。

それにしても、このような圧倒的な「ウクライナ讃歌」の論調をどのように受け止めたらよいでしょうか?

「自由と民主主義」は、長い・苦しい闘争の中で国民が血を流して獲得したものだという思いが根っこにあるのではないか、

さすれば、「自由と民主主義」を戦ったことなく手に入れた私たちに、その思いはどこまで肌で感じられるだろうか、

そんなことを考えながら、読みました。

2023年の元旦、ブログはまだ京都の思い出

  1. 明けましておめでとうございます。

週一回の報告なので、年が変わってもまだ昨年の話です。

 

  1. 前回のブログには岡村さんから、

「町内に「をけら木」と「人形」を配り30日には祇園(八坂神社)さんに納めます。昨日は掃除。そして、知恩院の除夜の鐘を聞く・・・」とあり、

舞妓さんの掃除姿の、いかにも年末の京都らしい写真も再度載せさせて頂きました。

3.私の方は京都滞在の続きです。

(1) 泊まりは烏丸通三条通りに近い定宿の「ギンモンド」。

気楽な安宿で、地下鉄の駅に便利で、馴染みの「イノダ」や「松長」にも近いので気に入っています。

 2泊のうち1泊は妻と二人のツイン、翌日は妻が先に帰京するのでシングルを予約しました。「空いているので、ツインに2泊して結構」と言われました。こういう弾力的な対応も嬉しいです。

 

(2) 人に会っただけの三日間でした。

それ以外の時間は、到着早々、従妹夫妻との夕食までの時間、二人で近くを散歩したぐらいです。

 13年間、錦小路に近いアパートを借りて単身赴任しました。

夕食は、宇治の大学からの帰途、錦小路を歩いて、お惣菜を買って帰るのが日課でした。かつての私には、日々の食材を買いにくる便利なところでした。

ところが3年振りに歩いて、むしろ観光客相手の居酒屋風の店が増えました。

(3) それでも、昆布と京佃煮の「千波」や、包丁や金物を扱う「有次」が健在なのは嬉しいです。妻は早速「千波」で看板商品「おやじなかせ」を求めました。

「有次」は永禄3年(1560年)に「刀鍛冶 藤原有次」として創業という、永い歴史を持つ店です。店内には、多種多様な庖丁や鍋など職人の手仕事による料理道具が並びます。

 京都に住んだとき、「有次」の銅製のちろりを買って、これで燗をつけて飲みたいなと何度も思いましたが、私にはちょっと高価に思えて、買うのをためらいました。

物臭な私のこと、買ったところで手間暇かけた燗付けなどせず、日々の晩酌は電子レンジでチンしてすませてしまい、宝の持ち腐れになっていたでしょう。

4.続いて、京都から帰京したあとの話です。

(1)10歳の孫息子が父親(次女の夫)と二人で英国からやって来ました。小さなコンサートに参加し、我が家にも泊まりました。東大駒場のキャンパスを散歩したり、室内遊戯を付き合ったりしました。老人には慣れない焼肉も食べに行きました。

 室内遊戯は、長女の夫がチェスで孫に挑戦するのを見学、面白かったです。

(2) 京都では毎年クリスマスイブに、北山のコンサートホールで「オール同志社」のヘンデルの「メサイア」をひとりで聴きました。

 

・東京では家族も一緒に毎年、「オール青山」による「メサイア」を、渋谷に近い青山学院講堂で聴きます。

・青学のOBや関係者を初め何度も来ている人が多いのでしょう、今年もアットホームな良い音楽会でした。

・開演の前に大学の宗教部長が聖書の一節を引用しました。

 彼はウクライナ侵攻にも触れて、寒さと暗さとミサイル攻撃に耐えて苛酷な冬を過ごすウクライナの人達を想い、平和が遠くないことを祈りました。

 戦いが続く日々、今回は「ハレルヤコーラス」も最後の「アーメンコーラス」も、私には悲しい響きを帯びて聞こえました。

 

  1. 2022年もこんな風に、慌ただしく過ぎていきました。

2023年の元旦、ブログはまだ京都の思い出

  1. 明けましておめでとうございます。

週一回の報告なので、年が変わってもまだ昨年の話です。

 

  1. 前回のブログには岡村さんから、

「町内に「をけら木」と「人形」を配り30日には祇園(八坂神社)さんに納めます。昨日は掃除。そして、知恩院の除夜の鐘を聞く・・・」とあり、

舞妓さんの掃除姿の、いかにも年末の京都らしい写真も載せて頂きました。


(写真2-ギンモンド01858)

3.私の方は京都滞在の続きです。

気楽な安宿で、地下鉄の駅に便利で、馴染みの「イノダ」や「松長」にも近いので気に入っています。

2泊のうち1泊は妻と二人のツイン、翌日は妻が先に帰京するのでシングルを予約しました。「空いているので、ツインに2泊して結構」と言われました。こういう弾力的な対応も嬉しいです。

 

  • 人に会っただけの三日間でした。

それ以外の時間は、到着早々、従妹夫妻との夕食までの時間、二人で近くを散歩したぐらいです。

13年間、錦小路に近いアパートを借りて単身赴任しました。

夕食は、宇治の大学からの帰途、錦小路を歩いて、お惣菜を買って帰るのが日課でした。かつての私には、日々の食材を買いにくる便利なところでした。

ところが3年振りに歩いて、むしろ観光客相手の居酒屋風の店が増えました。

(写真3-01865千波)

  • それでも、昆布と京佃煮の「千波」や、包丁や金物を扱う「有次」が健在なのは嬉しいです。妻は早速「千波」で看板商品「おやじなかせ」を求めました。

「有次」は永禄3年(1560年)に「刀鍛冶 藤原有次」として創業という、永い歴史を持つ店です。店内には、多種多様な庖丁や鍋など職人の手仕事による料理道具が並びます。

(写真4-01868有次)(写真5-01866)

京都に住んだとき、「有次」の銅製のちろりを買って、これで燗をつけて飲みたいなと何度も思いましたが、私にはちょっと高価に思えて、買うのをためらいました。

物臭な私のこと、買ったところで手間暇かけた燗付けなどせず、日々の晩酌は電子レンジでチンしてすませてしまい、宝の持ち腐れになっていたでしょう。

(写真6-01935散歩)

4.続いて、京都から帰京したあとの12月の話です。

(1)10歳の孫息子が父親(次女の夫)と二人で英国からやって来ました。小さなコンサートに参加し、我が家にも泊まりました。東大駒場のキャンパスを散歩したり、室内遊戯を付き合ったりしました。老人には慣れない焼肉も食べに行きました。

 室内遊戯は、長女の夫がチェスで孫に挑戦するのを見学、面白かったです。

(写真7-01967メサイア)1971

(2) 京都では毎年クリスマスイブに、北山のコンサートホールで「オール同志社」のヘンデルの「メサイア」をひとりで聴きました。

 

・東京では家族も一緒に毎年、「オール青山」による「メサイア」を、渋谷に近い青山学院講堂で聴きます。

・青学のOBや関係者を初め何度も来ている人が多いのでしょう、今年もアットホームな良い音楽会でした。

・開演の前に大学の宗教部長が聖書の一節を引用しました。

彼はウクライナ侵攻にも触れて、寒さと暗さとミサイル攻撃に耐えて苛酷な冬を過ごすウクライナの人達を想い、平和が遠くないことを祈りました。

 戦いが続く日々、今回は「ハレルヤコーラス」も最後の「アーメンコーラス」も、私には悲しい響きを帯びて聞こえました。

 

  1. 2022年もこんな風に、慌ただしく過ぎていきました。