京都

中村哲氏追悼と、京都での気楽な茶事のこと

1.今回はもっぱら、京都での茶事を書くつもりでした。 ところが、4日アフガニスタンで人道支援に長年取り組んできた中村哲医師(NGOペシャワール会の現地代表)が銃撃され死亡した、という衝撃的なニュースが飛び込んできました。 そこで、京都でたった1回お…

京都での平井元喜ピアノ・リサイタルで会った人たち

今回も1週間前の日曜日(5月12日)の話です。12日は、ブログをアップしてから家を出て、1泊で京都まで行きました。 まだ基本的には静養中で腰も痛いのですが、接骨医から「歩きすぎない、重い物は持たない」などいろいろ注意をもらって久しぶりの遠出でした…

横浜での同期会で京都曲水の宴の話を聞く

1.前回は「碌でもない話」にお付き合い、有難うございました。 麻雀で某氏夫人が、出来ている四暗刻の1枚を落として頭にして、両面待ちにして上がった話を書きました。 藤野さんの「僕なら五索か六策のどちらかを捨てます。四暗刻単騎の魅力には勝てません。…

京都&雑誌「あとらす」(西田書店)とチャールズ・ディケンズ

1.(1)前回の京都行きについてはフェイスブックのコメントを幾つか頂きました。 Masuiさんから、「伝統の京都文化を今後どのように守っていくべきか心配。 長い歴史の中で京都は多くの争乱に巻き込まれてきた。江戸末期には薩長の異文化の連中に大いにかき混…

台風24号の直前に、京都で「百人一首かるた会」

1. 柳居子さんコメント有難うございます。アメリカの政治・社会は、今回の最高裁判事選任の大騒動に象徴されるように、トランプ支持と反トランプとに真っ二つに分断されています。「皆が選んだ」とは誰も考えていない状況のようです。ところで、先週の台風24…

「江戸時代の日本美術」を学ぶことと京都の「品格」

1.三寒四温で、まだ寒い日も続きますが、2月20日の国際文化会館のロビーには、早くもひな人形が飾られていました。会員から寄付されたそうで、「京都にある丸平大木人形店のもので、昭和初期につくられ、顔の丸さや、内裏びなの隣に三人官女が飾られているの…

京都で「国宝展」を観る。「縄文のヴィーナス」にも再会。

1. 前回に続いて京都の話です。昨日(12月9日)も法事があって日帰りしたのですが、ここで取り上げるのはまだ前回の続きで11月23〜25日のこと。「祝賀会」に顔を出すという用事で行ったのですが、紅葉見物もして「国宝展」にも行ってきました。 この時期はも…

京都での「冷泉家時雨亭叢書百巻完結記念」の祝賀会

1,今回は紅葉見物を兼ねた京都の話まで書けるかどうか。その前にコメントのお礼と補足説明からです。遅くなりましたが、前々回のブログへのarz2beeさんコメント有難うございます。 「リベラルがマイノリティとは思えないのですが、サイレントなのでしょうね…

二人の京都人と冷泉貴実子さんの個展「わたしの楽しみ」

1. 山口さんの「お試しメール」無事届きました。有難うございます。 前回は、国籍法を改正して「二重国籍」を認めてくれないかと願う日本人がいるという話を書きました。 「京都の顔役」とも呼ばれる下前さんからフェイスブックのコメントを頂き、面白いと思…

京都から須磨迎賓館での結婚式

1. 先週の週末の話です。京都に1泊し、翌日は神戸市須磨まで足を伸ばし、昔の教え子の結婚式に出席しました。 宇治市にある、京都の名前の付いた私立大学に13年在籍し、2011年に定年退職して東京に戻って以来、こういう機会は珍しく、須磨は行ったことがない…

京都冬の旅&かるた会&NPO「ミンナソラノシタ」

1. その後も、小さな庭に神代植物公園産の冬薔薇(ふゆそうび)が満開です。寒さに耐えて健気です。 こちらは寒さに耐えて、先々週末、京都に2泊しました。私事で恐縮ですが、いとこ達が集合して「新春かるた会」をやりました。単なるお遊びですが、結構楽し…

楽しい京都と、あまりに官僚的ではないかJRさん

1. 京都に2泊して、気楽な割烹に2日通い、新人賞受賞の若い作家に会ったことを前回書きました。2日間とも飛び込みの外国人観光客が現れて、初日はイタリア人の姉弟、弟はミラノ工科大学の学生。 2日目は家族5人のフランス人で父親はパリの銀行勤め、母親はイ…

映画「折鶴」や防災用品「マルチポンチョ」のこと

1. 前回、広島の原爆で死去した12人のアメリカ人兵士と彼らの遺族とのコンタクトを続けた日本人を取り上げたアメリカ映画を紹介しました。 フェイスブックで柳居子さんから「折鶴」という、やはり広島を取り上げた別の映画の紹介がありましたのでお礼ととも…

京都で漢詩と和歌のコラボレーションの講演会がありました

1. 前回のブログはインフルエンザのためアップが遅れましたが、今回は京都に行っていたためまた遅れました。 朝のうち京都御所を散歩しましたが、梅は満開、あたたかくて今にも桜も咲きそうな陽気でした。 前回は,(1) バスの乗り降り (2) エスカレータの利…

京都で『京都ぎらい』(井上章一)を読む

1. 先週は京都に1泊しました。家人がしばらく行っていない,古い友人にも会いたいということで二人旅です。 幸いに天気も恵まれ、さすがに2月は空いていました。勝手が分っていて、親戚や友人たちの住む街は安心感があって、のんびりします。 北野天満宮に参…

京都の続き:「玉の輿の日」などと英国からの便り

1.柳居子さんから丁寧にお礼を頂いたので、いま少し京都の話を続けます。 12月6日朝「イノダ」の円卓で柳居子さんとお喋りをしていたところ、氏の友人の常連も参加して、話題は拡がりました。 その1人は幼少時、祇園宮川町の花街にある小学校に通ったそうで…

ブログの表題通り今回は「京都活動日記」

1. 生来の物ぐさで、「変えること」が面倒であまりやりません。「表題倒れではないか」と思われても、いまさらブログの題名を変えるなどご勘弁を願っています。 12月4日~6日、2泊3日でやっと表題らしく京都で活動しましたので今回はその報告です。 紅葉がま…

京都鳥羽での藤見・同志社キャンパス訪問など

1. 4月の末、大型連休が始まる週末、京都に1泊しました。 今回はもっぱら遊び&私用で27日の日曜は夕方まで独りで行動。 まず京都駅から満員の臨時バスに乗って南に下がり、「鳥羽水環境保全センター」(京都市上下水道局)内の、120メートルも続くという見…

京都の梅見、NYタイムズの「安倍氏の危険な修正主義」社説訂正

1. 13日は全国的に荒れた天気でしたが前日12日はおだやかによく晴れて、たまたま京都滞在、梅の名所北野天満宮に行ってきました。 先日、東京学士会館で冷泉貴実子さんの「現代に生きる冷泉家の和歌」という講演を聴いたことを思い出しました。 彼女の著書『…

NPO「ミンナソラノシタ」応援しています

1. 憂うつになる政治向きの話は今回はやめて、短い滞在ですが1月・2月と京都で過ごした報告です。ウン十年も若い・元気な人たちと会うのは嬉しいものです。 ソチ・オリンピックも(私は全く見ていませんがTVがあまりにこればかりと不満を言う人もいます…

京都の秋と竹内栖鳳展など

1.1週間ぶりの更新です。相変わらず自己満足の発信を続けています。 この間、京都に3泊しましたので、そのことを記録しておきます。紅葉シーズンで京都は人出が多く、どこも賑わっていました。 23日に会があって御所の北から仲間3人で京都ホテル・オークラ…

京都で「アシュリー」「やなせたかしさん」など

1. 前回のブログは、友人がフェイスブックでいろいろコメントをしてくれて嬉しく思いました。 このFBという代物、私はまだ使いこなせず、何よりもコメントのスピードについて行けずに、ご迷惑を掛けています。 前回は、 「“LREFWO”を並べ替えて意味のある英…

「終戦のエンペラー」:昭和天皇とマッカーサー

1. 前回のブログで、映画「終戦のエンペラー」のことを書きました。 映画を観たのは8月末ですが、その後また京都に行き、昨夜帰ってきたところです。 猛暑も豪雨も終わったようで助かりました。 京都と言っても、いつも観光には縁も時間もなく、同じところ…

京都で映画「終戦のエンペラー」を観る

1. 我善坊さん、南十字星さん、柳居子さん、まことに有り難うございます。 「しち」と「なな」、回答(さすが京都人!)と補足説明(海軍とはさすが蘊蓄!)というやり取りが有難いです。序でに言うと、このバスの案内はローマ字で外国人用と思われ、彼ら…

京都―市バスに乗って上七軒へと「学問のすすめ」

1. osamuさん久しぶりに有り難うございます。 福沢諭吉の『学問のすすめ』を読まれた由、ブログを拝読しました。 http://osamu.blog.eonet.jp/weblog/2013/08/post-c778.html 彼の日本語は明治の人にしては読みやすいので、出来れば原文にも目を通して頂く…

京都から帰って:矢内原忠雄/サザエさんなど

猛暑の京都に1週間弱滞在して昨夜帰ってきました。 1. 海太郎さん有難うございます。フェイスブックからのコメントも感謝です。同好の士と好きな本の話をするのは楽しいですね。もっとも家人の場合はただ読むだけですから、感想を語り合うのは無理かもしれ…

遺伝子の旅とドラえもん、寒い京都と上善寺

1. 前回、中学の入試の問題 「ロボットのドラえもんが如何に精巧であっても、生物として認められることはありません。それはなぜですか。理由を答えなさい」 を紹介しました。70代の同期生のグループ・メールではまだ会話が続いています。 ・某民放のテレ…

京都でジャック・ウェルチを読み終わる

1. 前回は「ソーシャルビジネス塾」で塾生とジャック・ウェルチが書いた 『ウィニング、勝利の経営』を読んでいる話をしました。 11月の最終週に京都に1泊し、合計4時間の発表と意見交換で本書を終えました。 こういう機会が無ければ絶対に手にとることが…

京都でジャック・ウェルチを読む

1.8日振りのブログです。この間、茅野・京都・東京を移動ばかりしており、PCには触りませんでした。たまにPCから離れた生活を送る、いやPCだけでなくテレビも携帯もない昔の生活を思いだす機会も悪くないなと感じているところです。 2.といっても…

山奥を降りて京都に5泊6日です

1. 柳居子さん、有難うございます。 いつも的確かつ鋭いコメントには敬服していますが、今回に限っては光栄ではありますが、「田舎のおじいさん」という長年付き合っている連れ合いの見る目の方が現状には的確だろうと思います。 2. その「田舎のおじい…